マンション経営をもっと身近に。オーナーズトーク

サラリーマン投資家、総資産1億円に達す

山田 清秀
(会社員 54歳)

2018.7.24

シーラ_山田清秀様の画像

冒険のない人生など楽しくもなんともない。成功の反対は挑戦をしないこと。
54歳の年齢を感じさせないバイタリティ溢れる山田さん。
ファミリータイプの物件と、ワンルームの物件をそれぞれ保有し、合計の保有物件は6件にも及ぶ。
一流企業に勤める会社員でありながら、数々の副業を行い投資も多く行っている。
会社員で1億円という資産を築きながらも、未だに挑戦をし続ける山田さんに、不動産投資術だけではない、ご自身の生き方マインドのお話を伺いました。

<聞き手・編集者:Idea link 鈴木峻太>

不動産投資、思ったより簡単だな。

鈴木 それではまずご自身のご紹介からお願いします。

山田 横浜の企業に勤める、鶴見在住の54歳です。
妻と息子、娘がいて、息子はマンションを2件保有していますね。

鈴木 早速面白そうなお話ありがとうございます。それは山田さんが勧めたのでしょうか?

山田 そうですね。面白い物件の紹介があって、私は買えなかったので息子に勧めました。
将来の資産形成に向けて都内の駅近の物件を持っていたら鉄板だから始めてみたらどうかと伝えたところ25歳から投資を始めました。

鈴木 親子で投資をされているお話を聞くのは初めてです。お父さんの成功をみているのも始められた理由かなと思いますね。
山田さんは今回、弊社の運営するワンルームオーナー.comから複数社に資料請求を行い、2018年1月に株式会社シーラさんから物件を購入しました。元々不動産投資には興味があったのでしょうか?

山田 というより、シーラさんから購入する前から既に5つ物件を所有していました。
元々、自分の住んでいたファミリータイプのマンションを貸し出し、すぐに収益が出たため「あれ簡単だな」と思い、ワンルーム投資企業の新聞広告をみて問い合わせをし、さらに投資を始めました。

当時、独学で投資効率の良さや税金周りの勉強し、中古物件が良いなということがわかったので、中古の問い合わせをしていたのですが現金の手持ちがない場合、頭金が払えなくて中古物件は買えないと。
なので、フルローンができる新築物件を探して購入しました。
その後、数年間で、4件ほど購入をしました。

鈴木 シーラさんから購入した物件はなんという物件ですか?

山田 品川にある、菱和パレス旗の台というマンションですね。中古の物件です。

菱和パレス旗の台

鈴木 そのほかの保有物件は全部東京ですか?

山田 色々ですね。
ファミリータイプのものは鶴見で、1つが博多。
残りの3件は東京ですね。今の所、全てに入居者がついているので安定的に家賃収入が入っています。

鈴木 投資当初から数多くの物件の保有を考えていましたか?

山田 はい。不労所得で月に50万くらいは欲しいなと描いていました。
5件目を購入したのが9年前で、自分の収入やローンとかの兼ね合いもありこのくらいが限度だろうなと思っていましたが、
シーラの蝦名さんにお話を聞くと、80歳までローンを組めることができる金融機関があると教えていただき、更に購入する考えに至りました。

鈴木 なるほど。素晴らしいご提案を頂けたんですね。
数多くの物件を保有しているので、ローンも多額になっていますが、その辺り不安はありますか?

山田 昔も今も全くないですね。
本業という軸足がしっかりあるのと、都内の駅近の物件なので入居者がつかないというのも考えにくいので。
鶴見の物件もファミリーの方に長いこと住んで頂けています。

購入物件によっては、金利が高いものがあったのですがそれは既に全額返済しています。
30年でローンを組みましたがなるべく早く返済できるようにしています。
ローン返済が残っている物件はあと4件なので今の所は順調ですかね。

鈴木 例えば、本業のボーナスは必ず返済にあてるという考えとかはありますか?

山田 第一に、私はあまり銀行に預金をしません。
基本的に私のポートフォリオでは、まずは株。
その他で余った場合にマンションの返済にあてるようにしています。

鈴木 株もしているんですね。

山田 株は全部自分の判断でやっています。昔は車1台くらい損をしたことがありますけど、どうにか立て直しましたよ。笑
投資で損失を出した場合、その損失にとらわれていると前に進めません。損した分はまた他で稼げば良いという考え方です。
そのような過去もあり、現在は株の利益を、マンションの頭金にしたり、返済にあてたりできているのでいい循環で投資ができています。

おかげさまで、総資産が1億円を超えました。

鈴木 他で稼ぐことができる柱があるのは大きいですね。
まさにスーパーサラリーマンです。すごい。

人への貢献が自分の心に満足感を与える

鈴木 お話を聞いていて、不動産投資についてももう少し伺いたいのですが、山田さんの思想の部分にも惹かれました。
働き方改革と言われている今の時代を体現しているようにみえます。
本業という軸を持ちながら、不動産投資やその他にもセミナーをして収入を得ている今のワークスタイルを見出したきっかけは何でしょうか?

山田 もともと、物事に取り組むときのハードルが低いので何でも挑戦する考え方なんです。
でも50代になる前に自分の可能性について考える機会がありまして、そこからまた考え方が一転しましたね。

それまでは、ある程度の収入もあるので、自分の夢や目的など考えたこともありませんでしたし、休日はただただ昼間から呑んでいるような人間でした。
自らの資産の未来は投資をしていたので考えていましたが、自分自身の未来のことは全く。

でも、考える機会を得たことで、人に貢献することの面白さや貢献した後の自分の心の充足感を味わい、自分の生きる目的みたいなものを見出せ、大好きなお酒もやめました。

鈴木 なるほど。具体的にはどんなことを始めたんですか?

山田 まずは、圧倒的に人に会う回数と、会話量を増やしましたね。
自分を俯瞰することができるようになり、自分の敵は自分だけという思想になりました。
そして何より金銭的な見返りを求めなくても、他人に尽くすことで何かしらの形で返ってくるということを知りました。

鈴木 ぼくもアドラー心理学でそのような思想は学びましたが、体現はできていませんね。。。
投資の成功にも、その辺りの思想は繋がっていますね。

山田 そうですね。
手前味噌ですが、サラリーマンをしながら資産を1億円つくるということは、様々な壁を越えていく必要があります。

しかし、難しいことではありません。

その壁を乗り越える気持ちがない人は、投資はしないほうがいいのかなと思います。
そういう方は、環境、時代、会社、上司など他人が悪いと考え、自分を被害者にしてしまう傾向にありますから。
勉強して、考えて、チャレンジして、失敗して、また学んで。そのサイクルがなければ成功はしないと思います。
今はお金を稼ぐ方法がたくさんあるから、何度も挑戦できるいい時代ですよ。

鈴木 そのような考えをもってから出会えたシーラの蝦名さんは、紛れもなく信頼できる営業マンですね。

山田 今回に限らず、不動産投資は企業ではなく営業マン次第であると思っています。どれだけいいオファーがあっても、担当者を信頼できるかどうか。その信頼基準を自分の中で見出すためにも多くの人と出会うことは必要です。

鈴木 最後に何か伝えたいことがあればお願いします。

山田 持論ですが、冒険のない人生は楽しくありません。
成功の反対は、失敗ではなくて、挑戦しないこと
不動産投資もまずはやってみたらいいと思います。やってみなければ何もわからないし何も変わらない。

今の生活で満足し、人生100年時代を生き抜ける自信があるなら、それはそれで良いと思います。
でもそうではなく、自分の人生に変化を起こしたいのであれば何でもやったほうがいい。というのが私の考えですね。

鈴木 不動産投資を手段と捉えるワークライフバランス。ご自身のマインドのお話など、とても学びの多い時間でした。ありがとうございました。

企業情報

シーラ_山田清秀様の画像
株式会社シーラ
取扱物件 東京都16区内 新築・中古ワンルーム 対応エリア 全国
物件価格 2,000万円〜3,000万円 販売実績 都内2,000戸以上
シーラ_山田清秀様の画像

蝦名 拓也

担当者情報
生年月日 1991.9.7
出身 青森県
好きな食べ物 蕎麦、肉、寿司
休日の過ごし方 家族サービス、ゴルフ
不動産投資への想い 不動産投資は物件と金融機関の組み合わせが全てです。メリットを大きく享受できるプランは私にお任せください。