マンション経営をもっと身近に。オーナーズトーク

漠然とした将来への不安はどうすればいい?

佐藤 礼
(会社員 43歳)

2018.6.20

日本ワークス_佐藤礼様の画像

東京の南町田に住む佐藤礼さんは、圧倒的高学歴の兄からの助言もありマンション経営を始めました。
初めての物件購入は約8年前の恵比寿の物件。
その3年後には、西巣鴨の物件を購入し現在2件の物件を運用しています。
マンション経営をなぜ始めたのか、マンション経営の魅力はどこにあるのか、などを佐藤さんのご自宅で伺いました。

<聞き手・編集者:Idea link 鈴木峻太>

投資のきっかけは圧倒的高学歴の兄

鈴木 簡単に自己紹介をお願いします。

佐藤 運送会社にて勤めております、佐藤礼です。現在、43歳で妻と子供2人と南町田に住んでおります。

鈴木 初めてマンションを購入したのはいつ頃でしょうか?

佐藤 現在住んでいるマンションを25歳時に購入したのが最初ですが、投資として購入したのは、約8年前の2010年頃でブライズ恵比寿です。
その後2013年にブライズ西巣鴨を購入しました。

鈴木 マンション経営を始めたきっかけを教えてください。

佐藤  元々投資をしたいなという気持ちはありました。将来のお金のことを考えるとやっぱり漠然とした不安があるじゃないですか?何歳まで働くのだろうか、何歳から年金がもらえるのだろうとか。

株などは時間をかけて勉強しなきゃいけないイメージが僕の中であって、マンション経営だと、一度買ってしまえば、ほったらかしにできるから楽なのでは?と考えていました。
そう考えている中で、兄が5~6件物件を既に保有しているというのを聞いたのが、最も大きなきっかけです。
彼は、大学で物理系の教授をしているのですが、圧倒的に頭がいいです。東大を滑り止めにして、京大を受験して受かるくらい。
その兄に営業担当者の方を紹介して頂いたのが本格的なスタートです。

鈴木 きっかけはお兄様で、目的はご自身の将来のためにということですね。

佐藤 そういうことですね。税金対策というより年金のプラスアルファが欲しかった為です。

恵比寿の物件と出会えたのは運と縁

ブライズ恵比寿

鈴木 初めて購入された物件が恵比寿ということですが恵比寿の物件を探していたのですか?

佐藤 いえ、たまたまですね。当時販売していた物件がたまたま恵比寿の物件でした。渋谷で担当者の方と初めてお会いしたのですが、近かったのでお話後に内見をさせていただきました。

妻や母とも相談し、初めてお会いした週の週末には購入をしましたね。笑
なので、恵比寿の物件が欲しいとか、恵比寿だから買ったというわけではなく、紹介してもらったタイミングがよかったのかもしれないです。

鈴木 スピード感ありますね。笑

佐藤 実際にマンションを保有している兄の後推しが大きかったですね。

鈴木 他社と比較はしなかったのですか?

佐藤 いえ、全くしてないですね。兄の紹介でしたし、物件もよかったので比較する余地がなかったです。

鈴木 西巣鴨をご購入されたきっかけは?

佐藤 縁で巡り合った恵比寿を買ったあとも、買増しは考えてはいましたが、恵比寿が基準となっているので、中々旨味のある物件はないなと思っていました。
そんな折に営業担当者から連絡がきて、自分の心情や状況(金銭的なお話や、家族のこと)を説明し、こんな僕でも買える物件はないかと相談したところ、西巣鴨をご提案してくれました。

鈴木 西巣鴨までわざわざ見に行かれたのですか?

佐藤 いえ、購入前も購入後も一度も見てないですね。笑 そのため周辺環境の変化もわかりません。
購入の際の手続きも必要な書類を集めたりするのをほとんど、担当の中村さんが動いてくれました。なので、ご提案から購入までは1週間もかからなかったですね。
その辺も踏まえて、投資なのに本当に何もしていないです。
持ったら持ちっぱなし。

鈴木 マンションオーナーという自覚もほぼないですね。笑

佐藤 年に一回の確定申告の時と、入居者様が退去するときの連絡があるのでその時ぐらいですね。
恐らく、もっと色々調べている人もいると思いますけど、僕に至っては利回りだとか返済状況とかを計算したことがないです。

とりあえず、現時点で、固定費資産税とかそのほかの税金を納めても二件とも収支でプラスになっているから、まぁまぁいいんじゃないのかなぁと思っている程度です。
物件を買ってから、保険周りの見直しもしました。
あとは、子供のための積立をしているくらい。
下手したら、僕が死んだほうが家庭は豊かになりますかね。笑

投資後の家計の変化は特にない

鈴木 準備金としてはどのくらいお金を用意しましたか?

佐藤 8年前なので、ウル覚えですが恵比寿に関しては、50万~100万円くらいですかね。

鈴木 金利は何%でした?

佐藤 当時は2.3%くらいだったと思います。今は2.4%とかですね。正直、もっと金利が高かったらやっていたかわからないです。それでいうとこれから上がっていくのではないかという不安はありますね。
今の自宅は、固定金利で購入しているので、変動で買えばよかったなと思ってます。

鈴木 投資前後で家計に変化はありましたか?

佐藤 特にないですね。物件収益は多少あるけど、それを家計に回す気が全くないですから。その辺も含めて、今までは投資関連の口座と普段の口座を一緒にしていたのですが、ようやく最近不動産収益用の口座を作って、年間どれくらい収支があるかをみていこうかなと思います。
マンションの修繕費とかも今後出てくる可能性があるので、その辺もチェックできるようにと。

いい営業マンといい物件に出会えるかどうか

鈴木 では最後に、マンション経営を考えている方へのアドバイスをお願いします。

佐藤 初めて持った物件が良かったから、偉そうには言えないけど、住んでくださる人がいるから値上げとか、更新ができただけなので。
でもそう考えるといい物件といい営業マンに巡り会わせることができるかどうかは重要ですね
物件の金額の相場は、当時に比べると上がっているのかもしれないですが、兄も買増しをしていますし、それこそ中村さんが購入しているから嘘ではないですよね。

鈴木 営業マンが購入しているのは確かに信用できますね。

佐藤 お会いした当時の中村さんは20代でしたし、風貌的にも胡散臭さはありました。笑
でも本人が買っているなら間違いはないですよね。いまでは、紹介した友人も中村さんから購入しています。

鈴木 ご自身の紹介などで、新たな出会いが生まれると嬉しいですよね。本日はありがとうございました。

企業情報

日本ワークス_佐藤礼様の画像
株式会社日本ワークス
取扱物件 東京都23区内 新築・中古ワンルーム 対応エリア 全国
物件価格 2,600万円〜2,800万円 販売実績 都内4,000戸以上
日本ワークス_佐藤礼様の画像

中村 大輔

担当者情報
生年月日 1982.7.19
出身 千葉県柏市
好きな食べ物 鮨、高タンパク低脂質な肉
休日の過ごし方 ワークアウト、サウナ
不動産投資への想い 何を知っているかではなく”何をしているか”が大切だと思います。