マンション経営をもっと身近に。オーナーズトーク

大阪在住サラリーマン、東京の物件で投資をスタート

齋藤雅之
(会社員 40歳)

2018.8.30

日本ワークス_齋藤雅之様の画像

大阪在住でありながら、東京のワンルームマンションを3件保有している、斎藤さん。
ご自身が保険企業に勤めながら、保険代わりになるからと営業をしてきた中村さんに興味を持ち、不動産投資を始めました。
全く興味のなかった不動産投資を始めた経緯や心境の変化を伺いました。

<聞き手・編集者:Idea link 鈴木峻太>

鈴木 簡単に自己紹介をお願い致します。

齋藤 はい。齋藤雅之、40歳です。生命保険会社の総合職員として大阪で勤務しております。

鈴木 ありがとうございます。現在の投資状況を教えてください。

齋藤 平成20年の9月と11月に東京の品川にブライズ品川南ル・リオンという物件を2部屋。翌年の8月に新宿にベルグレードOMを1部屋購入しました。

ブライズ品川南ルリオン
ベルグレードOM

鈴木 結構踏み切りましたね。私も始めようと考えているのですが、中々踏み出せずにいます。
元々不動産投資にはご興味があったのでしょうか?

齋藤 いえ。当時も、今も全く興味がないんですよね。笑
そのため、投資を始めたくてしたわけではなく、営業担当者の中村さんのお話を聞くことで家族の未来のことを考えるようになったのが大きな理由です。

保険屋さんに保険を勧める不動産企業さんって面白いな

鈴木 なるほど。その辺りの詳しいお話を聞かせて下さい。

齋藤 営業所の所長になった頃からワンルーム投資の営業電話が仕切りに掛かってきており、どの営業マンも「節税効果になる」や「還付金がたくさんもらえる」といったようなお金の話ばかりで、辟易としていました。

しかし、中村さんだけ他の営業マンと比べ話法や提案内容が異なり面白かったので、話を聞こうかなと。

例えば、「保険だと思って準備して下さい」と保険会社に勤める私に言ったり、「節税効果や還付金は最初の5年程度だけですのでその部分だけを伝えてくる方は、齋藤さんの未来を考えてないですよ」と言ってきました。

同僚の紹介でもあったので、詳しく中村さんから話を聞いてみようかなと思いました。

団体信用生命保険で、私の身に何かおきても家族を守ることができるといった部分が、踏み出そうと決心した理由ですね。

鈴木 家族に家賃収入が残るのは大きいですよね。
3部屋とも日本ワークス様からの購入ですが、その辺り他社との比較は行いましたか?

齋藤 他社との比較はしてないですね。提案頂いた物件がよかったのと、中村さんが信頼できたので。

鈴木 具体的にはどのようなお話を受けましたか?

齋藤 ご提案頂いた物件が、品川や新宿といった首都圏の大きな駅の周辺であるため、賃貸の需要がなくなりにくい場所であるということ。首都圏のこれからの人口推移、マンションの耐震性、日本ワークスさんの過去の入居者状況など様々観点のお話をデータで拝見しました。

そのため、不安はあったのですが1件くらい、いいかなと。実際はその後、2、3件と購入しましたけどね。笑

鈴木 不動産の価値が下がったらどうしようというような不安もあるので、まだ私は始められていないのですが、そのような客観的なデータは心強いですね。
場所も良いとこですし。大阪しか考えていなかったので、そう考えると東京も魅力ですね。

鈴木 投資に際して、お金の部分での準備とかは行いましたか?

齋藤 いえ、特に準備金はありませんね。
融資もしっかり受けられましたし。
ただ始めの頃は、毎月何万円か払っていました。

5年ほど経って毎月の持ち出しはほぼ無くなりましたが、固定資産税とかの税金を考えると年間では今も持ち出しはあります。
しかし、それが保険料だと捉えることもできますし、元々言われていたので納得済みです。

家族を守れる安心感が魅力

鈴木 そう言った部分も加味して、不動産投資を始めたと思うのですが、実際オーナーになられてメリットはどのあたりだと感じますか?

齋藤 安心感はありますね。
それにローンの返済が自分のお金ではないというのは投資でいうと凄い事だなと。笑
あとは冒頭にもありましたが、私に何かがあれば家族を守れる。なかったらそれはそれで資産が持てる。
老後のことを考えると、あったほうがいいなと感じていますね。

鈴木 そのままの勢いで最後に不動産投資を始めようとしている方にアドバイスをお願いします。

齋藤 アドバイスになるかは分からないですが、人生100年時代って言われているので、短期の利益とかではなく何かあったときの保証の担保というイメージで始めるべきなのかと思いますね。保険屋らしい発言ですけど。笑

あとは、先ほど話しした家賃収入の部分の付け加えで、最初は確かに持ち出しがありますけど、元金が減っていくし保証料なども減るので、返済額が同じでも少しずつ黒字になっていきます。金利の見直しもして利回りが良くなっているので、確実に返済できています。家賃保証もあるので、何も不安になることはないのかなと思いますね!

鈴木 大阪の方への初めてのインタビュー。とても参考になりました。ありがとうございました!

企業情報

日本ワークス_齋藤雅之様の画像
株式会社日本ワークス
取扱物件 東京都23区内 新築・中古ワンルーム 対応エリア 全国
物件価格 2,600万円〜2,800万円 販売実績 都内4,000戸以上
日本ワークス_齋藤雅之様の画像

中村 大輔

担当者情報
生年月日 1982.7.19
出身 千葉県柏市
好きな食べ物 鮨、高タンパク低脂質な肉
休日の過ごし方 ワークアウト、サウナ
不動産投資への想い 何を知っているかではなく”何をしているか”が大切だと思います。